VC2019

2019年6月29日(土): 2019年6月27日(木)〜6月29日(土)にかけて早稲田大学国際会議場で開催された「Visual Computing 2019」に,藤代研修士一年の菅が参加し,「rewind: 自己省察を目的としたWeb動画視聴履歴の可視化」というタイトルでポスタ発表を行いました. また,来年度の「Visual Computing 2020」の運営委員長には藤代教授が就任し,今学会の閉会式で来年に向けたスピーチを行いました. 「Visual Computing 2020」は,慶應義塾大学の日吉キャンパス来往舎にて,2020年6月25日(木)〜6月27日(土)の日程で開催されます. Read more →

CGWORLD Entry vol.22 に学士4年の大河原の作品が掲載されました.

2019年3月28日(木): CGWORLD学生CGコンテスト「WHO’S NEXT?」において、学士4年の大河原の作品『Prim』が優秀作品の1つに選ばれ,CGWORLD Entry vol.22に掲載されました.優秀作品は全119の応募作品の中から28作品が選ばれました. CGWORLD Entry vol.22 https://cgworld.jp/news/book/Entry22.html 講評ページ https://cgworld.jp/regular/whosnext201901-5.html 業績ページはこちら Read more →

情報処理学会第81回全国大会にて学士4年の5名(大河原,石飛,菅,野村,内野)が発表を行い、全員が学生奨励賞を受賞しました.

2019年3月16日(土): 情報処理学会第81回全国大会が3月14日から16日に福岡大学にて開催され、学士4年の5名(大河原、石飛、菅、野村、内野)が発表を行いました. 大河原は「個別の変形を伴う複製描画のための空間計算量の削減」で,石飛は「経年劣化による塗膜剥離のビジュアルシミュレーション」で,菅は「rewind : 内省を目的としたWeb動画視聴履歴の可視化」で,野村は「LinDA : 漫画背景画像の半自動生成に向けた線分特徴量抽出」で,内野は「大型ディスプレイ向きハイブリッドイメージ広告のオーサリング」でそれぞれ学生奨励賞を受賞しました.発表者全員の受賞は極めて稀なことです.藤代教授が連名の全国大会の発表は計148件(1988年~2019年)に上りますが,もちろん初の快挙です. 業績ページはこちら Read more →

ハロウィンCGレンダリングコンテスト

2018年11月8日(木): オートデスク株式会社と株式会社VOSTの主催するハロウィンCGレンダリングコンテストにて,石飛と大河原がFusion 360ガイドブック賞(マスターズガイド),Fusion 360ガイドブック賞(スーパーアドバンス)をそれぞれ受賞しました. コンテスト概要ページ https://fusion360.3dworks.co.jp/halloween/ 受賞作品公開ページ https://fusion360.3dworks.co.jp/2018/11/13/hw-cg-award/ 業績ページはこちら Read more →

澤田が在学生インタビューを受けました。

2018年11月12日(月): 澤田の在学生インタビュー記事が公開されました(現在博士1年(インタビュー時修士2年))。 情報工学科 在学生インタビュー 見えないものを描き出す「可視化」の面白さ。 小さい頃から続く好奇心が、次の未来への扉を開く。 https://www.st.keio.ac.jp/departments/student/ics2.html 在学生インタビュー トップページ https://www.st.keio.ac.jp/departments/student/ Read more →

3D 合同シンポジウム 2018 が開催されました

June 27th, 2018 (Wed.): A joint 3D symposium for the general public organized by the 3D Consortium, in close cooperation with the Technical Group on Three-Dimensional Image Technology (Chair: Dr. Tsutomu Horikoshi/Shonan Institute of Technology) of the Institute of Image Information and Television Engineers, the Institute of Image Electronics Engineers of Japan, the Computer Graphic Arts Society, the Society for… Read more →

VC2018

2018年6月23日(土): 山形テルサで開催されたVisual Computing 2018に,山梨大学と共同研究を推進している計算眼科学(computational ophthalmology)プロジェクトから最新の研究成果2点が論文採択され,口頭発表が行われました. 技術論文(色覚異常):朱 臻陽,豊浦 正広,郷 健太郎,柏木 賢治,藤代 一成,茅 暁陽, 「自然さ保存とコントラスト強調を考慮した色覚補償ための色変換アルゴリズム」 応用論文(変視症):市毛 大道,豊浦 正広,郷 健太郎,柏木 賢治,藤代 一成,茅 暁陽, 「線変形操作を用いた変視症検査方法」 Read more →

IIEEJ-Fellow

2018年6月22日(金): 藤代教授が,画像電子学会第47回通常総会で同学会名誉会員およびフェローの称号を授与されました.名誉会員は平成28年6月から1年間同学会の会長職を務めたことが評価されたものです.一方,フェローの授賞理由は「CG・可視化分野の研究教育推進と学会貢献」となっています.なお,藤代教授は同日から2年間,同学会の代議員にも再選されています. Read more →

TideGrapher

2018/4/11 (Wed.): The latest paper on TideGrapher, a VA system for rugby matches developed by Yusuke Ishikawa for his master thesis research, was published in the Journal of Visual Informatics (Vol. 2, No. 1, PacificVAST 2018 Special Issue). The pdf file is downloadable from the open access page. Read more →

PacificVAST2018

2018/04/10 (Tue.): PacificVAST 2018 was held at Kobe University as the workshop on visual analytics in conjunction with IEEE PacificVis 2018, for which Prof. Fujishiro served as a worshop co-chair. More details are available from here. The Proceedings are published online as the special issue (Vol.2, No.1) of the Elsevier Journal of Visual Informatics. Prof. Fujishiro served as a guest… Read more →

第80回情報処理学会全国大会にて学部4年の全員が発表を行い、登野・長澤・宮崎が学生奨励賞を受賞しました。

2018年3月14日(水): 第80回情報処理学会全国大会が早稲田大学にて開催され、学部4年の全員(今田、滝口、武内、登野、長澤、宮崎)が発表を行いました。 登野は、「全景映像の適応的半透明ブレンディングによる視野狭窄の緩和」で、長澤は、「メラニンの不均一分布による頭髪の写実的レンダリング」で,宮崎は、「仮想応力分布下の光弾性体によるジェネレーティブアート」で学生奨励賞を受賞しました。 業績ページはこちら Read more →