流動のビジュアルデータマイニングに関する論文が画像電子学会最優秀論文賞を受賞

第44回画像電子学会年次大会が開催され,2014年7月に同学会誌に発表された論文「2次元時系列流動データのための位相ベースビジュアルデータマイニング」が2014-2015年度の最優秀論文賞を受賞しました.第一著者の竹島由里子氏(現在,東京工科大学准教授,お茶大藤代研OG)は,VC分野で隔年贈呈される個人賞である西田賞も同時受賞しました.詳細はこちら.論文情報はこちら