CGJA16

藤代教授が,芸術科学会から第16回CG Japan Awardを受賞しました.受賞理由は「藤代氏はビジュアルコンピューティングの分野において国内外合わせて,数多くの原著論文を発表し,また情報処理学会,芸術科学会,画像電子学会などの諸学会で論文賞を受賞している.また,IEEEやCG-ARTSなどの学会誌や教科書などの出版物の編集や監修,論説等にも携わっている.その他,学会の理事や評議員,会長,国際会議のプログラム委員長や実行委員長も歴任している.藤代氏はまた,東京大学,筑波大学,お茶の水女子大学,東北大学,慶應義塾大学において学生の指導に当たり,日本におけるコンピュータグラフィックス・可視化教育に大いに貢献してきた.現在もなお,既存の枠を越えたCGの新たなる可能性に挑戦し続けており,今日のCG研究の第一人者として活躍している」です.NICOGRAPH2017の2日目,受賞式に続いて「閑話不休」と題する受賞記念講演を行いました.義塾HPの速報はこちら