小林 杏理

小林 杏理 — Anri Kobayashi


所属 理工学研究科 修士2年
チーム 音楽情報可視化(Computer Music, C.M.)
研究テーマ アフェクティブな映像生成による音楽演奏支援
趣味 音楽(鑑賞、演奏、作曲)
特技 エレキベース、DTM
影響を受けた
アーティスト
Amon Tobin, Bootsy Collins, Clark, Converge, The Crusaders, D’Angelo, David ‘Fuze’ Fiuczynski, The Dillinger Escape Plan, Dorian Concept, eastern youth, Flying Lotus, GoldLink, Greg Howe, Hiatus Kaiyote, HIFANA, Pat Metheny, Incubus(S.C.I.E.N.C.E.), James Brown, Jimi Hendrix, KNOWER, Kraftwerk, Lettuce, M.I.A., THE MAD CAPSULE MARKETS, Me’shell Ndegeocello, Michael Jackson, Mike Patton, Muse, Nine Inch Nails, Oasis, Omar Rodríguez-López(ソロは聴き切れてない), P-MODEL, P-Funk, Potishead, Prince, The Prodigy, Rage Against The Machine, The RH Factor, Robert Glasper, Seawind, Sergio Mendess(Timeless), Shpongle, Slipknot, Soulive, Spank Rock, System Of A Down, Thundercat, TNGHT, Tower Of Power, Tribal Tech, Underworld, Vulfpeck, Yellow Magic Orchestra, きゃりーぱみゅぱみゅ(なんだこれくしょん), マキシマムザホルモン, 向井秀徳, 菅野よう子, 上原ひろみ, 電気グルーヴ, 鎮座DOPENESS, 特撮, 椎名林檎
好きなゲーム スーパーマリオ64, The Binding of Isaac
メール @

自己紹介


音楽を聴くとき、聴覚以外で感じられる視覚、触覚等の感覚情報は、音楽そのものがもつ聴覚情報に対して感じる印象を大きく左右し、リスナーの音楽体験に強い影響を与えます。これは、リスナーだけでなくプレイヤーも同様です。あるプレイヤーが音楽演奏を行う上で、一緒に演奏しているプレイヤーの素振りや、場所の雰囲気、ないしは観客の様子など、聴覚情報として現れないこれらの情報は、演奏に多大な影響を与えることがあります。
私は、CGを用いた映像生成と音楽を連帯させ、視覚情報と聴覚情報をミックスした新たなメディア表現を行う事により、リスナーやプレイヤーの音楽体験をより豊かなものにする研究を行っています。

業績

Anri Kobayashi, Issei Fujishiro
An affective video generation system supporting impromptu musical performance
in Proceedings of 2016 International Conference on Cyberworlds, pp. 17-24, Chongqing (China), September 2016 [DOI: 10.1109/CW.2016.11]


works