鹿間脩斗

鹿間 脩斗 — Shuto Shikama


所属 理工学研究科 修士2年
チーム リアリティモデリング&シミュレーション (Reality Modeling & Simulation, MS)
知的環境メディア(Smart Ambient Media, AM)
研究テーマ 修士: 微細レンダリング&シミュレーション
学士: 3Dプリンタを用いた性能設計
Githubアカウント dearshuto
趣味 お気に入りの街にお気に入りの自転車で出かけること
ベース
特技 真理久のモノマネ(本人非公認)
食欲をそそる焼きおにぎりを作ること
好きな作家 乙一
好きな漫画 20世紀少年
好きなスタンド クラフトワーク(ちょっとずつ力を貯められる能力として魅力的)
好きな言葉 自分が通った跡にはぺんぺん草も生えさせない
好きなプログラミング言語 Delphi
得意なプログラミング言語 C++
好きなゲームエンジン Unreal Engine
メール @

自己紹介


京都が好きです.

研究室内役割


住人

一言


天才か盆栽かは紙一重

修士研究の紹介


付着性再粒子のビジュアルシミュレーション

業績


  • 口頭発表(一般)
    • 鹿間 脩斗, 川田 玄一, 藤代 一成. 崩壊条件を考慮した付着性再粒子のビジュアルシミュレーション, 映像表現・芸術科学フォーラム, 2017/03/14. 優秀発表賞取得.

学士研究の紹介


ディスプレイの中のバーチャル空間が現実世界に飛び出してきたらおもしろいと思いませんか。そんな「あったらいいな」を実現する研究をしています。
バーチャル空間を利用して現実世界での設計図を考える。これを性能設計といいます。人間では実現することがむずかしい複雑な処理を計算機にやらせるのです。
性能設計におおきく貢献してくれるのが3Dプリンタです。バーチャル空間でつくられた設計図をそのまま再現してくれます。
さて、僕が行っている性能設計は「時間を設計する」です。かっこよくいってみましたが、なにもむずかしいことはありません。キューブを組み上げて、そこにできたトンネルに玉を転がすのです。その玉がトンネルを転がりきる時間を調節することが「時間を設計する」ということです。
ただトンネルの形を変えるだけではおもしろくありません。形を変えないで玉の速度は調節できないでしょうか。このアイデアが本研究のキモとなってきます。
ここで3Dプリンタの出番です。3Dプリンタは、人間ではできないような微調整が可能です。これを利用して、キューブに摩擦を付加しました。玉が転がる面に凹凸を作成したのです。これによって、キューブにはその形いじょうの「性能」を付加したのです。
性能設計のひとつとして、この研究を進めてきました。

業績


口頭発表(一般) 鹿間 脩斗, 藤代 一成. Cubwer: インタラクティブなデザインとシミュレーションによる組上げ構造上の動きの同期, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03/17

ギャラリー


独自レイトレーサ”FUJIRay”


C++11を利用して個人的に開発したレイトレーサ. 外部ライブラリを使わないシバリで実装中.

独自C++ライブラリ”OpenFJ”


思いつくままに機能を追加しながら開発したC++ライブラリ. そしてその開発過程をgourceで可視化したビデオ(ありがとうマリク).

アプリ


最長閉路探索 download


Diracの定理(1952)を検証するためのアプリケーションです. 頂点の次数によってハミルトンサイクルが作れたり作れなかったりします.
いくつかの頂点をクリックしてシステムに与えることで最長閉路探索が行えます. 入力は3頂点以上からなる閉路を与える必要があります. 運が良ければ1頂点だけでもアルゴリズムが動いてくれます.

頂点の色とステータス
白: デフォルトの頂点
赤: Cycleに取り込まれている頂点
青: 最初にCycleに取り込まれた頂点
オレンジ: 最後にクリックした頂点の隣接点

お試し実装


デロデロしたもの(ソースコード in Github)






お試しWebGL
止まって見えるけど実は画像じゃない