Photo by Rikuo Uchiki

天文学データ視覚分析論(VA²: Visual Analytics for Astronomy)チームでは,広島大学広島宇宙科学センターや京都大学,国立天文台との共同研究を通じてさまざまな天文学データの可視化に関する研究しています.宇宙の起源や進化に迫るため,世界中に点在する天体望遠鏡や天文衛星などを用いて,星,銀河,超新星などさまざまな天体の観測が行われています.天文学データの可視化は、膨大で時に多次元の観測データを効率的に探索し,理解するためにひじょうに重要な役割を果たします.

メンバ

:4月入学:9月入学:チームリーダー

プロジェクト

プロジェクトの詳細や発表論文などはプロジェクトページを参照してください.

TimeTubesX (2015―)

多次元時系列ブレーザー観測データの視覚分析

aflak (2018―)

面分光データ視覚分析のためのビジュアルプログラミング環境

ABC (2013―2018)

非対称バイクラスタリングによる部分空間マイニング

チーム一覧に戻る