2009年度

2009年度

国際学術誌(英文)

Shigeo Takahashi, Issei Fujishiro, Masato Okada
Applying manifold learning to plotting approximate contour trees
IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, Vol. 15, No. 6 (Special Issue of IEEE VisWeek 2009), pp. 1185-1192, November/December 2009 [DOI:].
A contour tree is a powerful tool for delineating the topological evolution of isosurfaces of a single-valued function, and thus has been frequently used as a means of extracting features from volumes and their time-varying behaviors. Several sophisticated algorithms have been proposed for constructing contour trees while they often complicate the software implementation especially for higher-dimensional cases such as time-varying volumes. This paper presents a simple yet effective approach to plotting in 3D space, approximate contour trees from a set of scattered samples embedded in the high-dimensional space. Our main idea is to take advantage of manifold learning so that we can elongate the distribution of high-dimensional data samples to embed it into a low-dimensional space while respecting its local proximity of sample points. The contribution of this paper lies in the introduction of new distance metrics to manifold learning, which allows us to reformulate existing algorithms as a variant of currently available dimensionality reduction scheme. Efficient reduction of data sizes together with segmentation capability is also developed to equip our approach with a coarse-to-fine analysis even for large-scale datasets. Examples are provided to demonstrate that our proposed scheme can successfully traverse the features of volumes and their temporal behaviors through the constructed contour trees.

国内学術誌(和文)

竹島 由里子,奈良岡 亮太,藤代 一成,高橋 成雄
微分位相強調型ボリュームレンダリングのための照明配置設計
画像電子学会誌, Vol. 38, No. 4, pp. 459-470,2009年7月
対象ボリュームデータの特徴を効果的に提示するボリュームレンダリングを実現するには,特徴を強調するような伝達関数を設定し,投影による特徴間の遮蔽を極小化するような視点位置を選定するだけでなく,特徴に十分な奥行き感が与えられるような照明の配置設計を行う必要がある.本論文では,表面形状に対する照明評価に使われていた従来の照明エントロピーの枠組みを拡張し,ボリューム微分位相特徴をさらに強調できるような照明配置法を新たに提案する.複数の実データへの適用実験を通じて,単一平行光源を用いた場合に対する提案手法の有効性を実証するとともに,複数照明に対する照明配置問題への拡張方針についても考察を加える.

国際会議録論文

Yuriko Takeshima, Issei Fujishiro, Shigeo Takahashi, Shigeru Obayashi
Topologically-based haptization and visualization of wake turbulence datasets
in DVD Proceedings of IIEEJ IEVC2010, Nice (France), March 2010
To control aircraft landing and takeoff effectively, it is important to analyze the collapse process of relevant wake turbulence. In this paper, we propose a topologically-based multisensory realization method that allows observers to comprehend the behavior of wake turbulence phenomena more intuitively. To this end, we design visual transfer functions with reference to a time-varying critical point histogram, as well as 4 DOF haptic transfer functions for producing two-dimensional forces and torques so as to identify the location and strength of a target vortex in real time. The effectiveness of our method is evaluated with a time-varying two-dimensional wake turbulence dataset calculated by measurement-integrated simulation.

Shigeo Takahashi, Jun Kobayashi, Issei Fujishiro
Feature-driven volume fairing
in Proceedings of Smart Graphics 2009, Vol. 5531, pp. 233-242, Salamanca (Spain), May 2009
Volume datasets have been a primary representation for scientific visualization with the advent of rendering algorithms such as marching cubes and ray casting. Nonetheless, illuminating the underlying spatial structures still requires careful adjustment of visualization parameters each time when a different dataset is provided. This paper introduces a new framework, called feature-driven volume fairing, which transforms any 3D scalar field into a canonical form to be used as communication media of scientific volume data. The transformation is accomplished by first modulating the topological structure of the volume so that the associated isosurfaces never incur internal voids, and then geometrically elongating the significant feature regions over the range of scalar field values. This framework allows us to elucidate spatial structures in the volume instantly using a predefined set of visualization parameters, and further enables data compression of the volume with a smaller number of quantization levels for efficient data transmission.

国際会議ポスタ(査読付)

Chongke Bi, Shigeo Takahashi, Haruhisa Ishida, Issei Fujishiro
Interpolating 3D diffusion ten-sors through optimizing rotational transformations of anisotropic features
in Poster Proceedings of IEEE Pacific Visualization Symposium 2010, Taipei, March 3, 2010, pp. 3–4

国内会議(査読付)

石田 明久,高橋 成雄,小川 雄太, 藤代 一成
異方性特徴を考慮した回転変換に基づく3次元拡散テンソル場の補間
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2009 DVD予稿集, 旭川, 2009 年 6 月 25 日


藤代 一成,竹島 由里子,早瀬 敏幸
VIDELICET:階層的出自モデルに基づく可視化ライフサイクル支援システム
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2009 DVD予稿集, 旭川, 2009 年 6 月 25 日


著書

藤代 一成,奥富 正敏(編集委員長)
ビジュアル情報処理-CG・画像処理入門-
画像情報教育振興協会 編, 2009 年 11 月, 総 248 頁

藤代 一成(編集委員長)
コンピュータグラフィックス, 第 2 版
画像情報教育振興協会 編, 2010 年 3 月, 総 352 頁

口頭発表

Issei Fujishiro, Yuriko Takeshima, Shigeru Obayashi, Toshiyuki Hayase
Realizing scalable visu-alization through hierarchical provenance management
in Proceedings of Ninth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration, Sendai, November 5, 2009

Yuriko Takeshima, Yosuke Hoshi, Yuichi Maki, Issei Fujishiro, Shigeo Takahashi, Takashi Mis-aka, Shigeru Obayashi
Topologically-accentuated realization of wake turbulence datasets
in Proceedings of Ninth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisci-plinary Fluid Integration, Sendai, November 5, 2009

藤代 一成
学融合可視化:合点と得心の科学
第1回学融合ヴィジュアライゼーションシンポジウム, 東京大学柏キャンパス, 2009 年 5 月 15 日

藤代 一成
VIDELICETにおけるEFD/CFDデータの並置化
JAXA特別資料, 融合研究会招待講演,宇宙航空研究開発機構 航空宇宙技術研究センター,2008 年 2 月 26 日

千葉 鉄也,竹島 由里子,徳増 崇, 藤代 一成
大規模粒子系可視化における時間重視レンダリングの実現
日本機械学会2009年度年次大会, 岩手大学,2009 年 9 月 14 日

中谷 文香, 藤代 一成, 大野 義夫
サーフェス記述子を用いた山岳形状における積雪の表現
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 9 日

渡邉 理也, 藤代 一成, 大野 義夫
格子構造を参照する適応的フォトンマッピング
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 9 日

飯塚 俊輝, 藤代 一成, 大野 義夫
リアルタイムフォトンマッピングにおけるリアルタイムな放射輝度の推定
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 9 日

上田 篤史, 藤代 一成, 大野 義夫
ドミノ倒しのビジュアルシミュレーション
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 9 日

新坂 拓真,竹島 由里子,菊川 豪太, 藤代 一成, 大野 義夫
大規模粒子系の対話的可視化による分子配置に関するパラメータスタディ支援
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 9 日

澤寛子, 藤代 一成, 大野 義夫
イメージベースドレンダリングを用いたインテリアシミュレータの開発
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

櫻井 良昭, 藤代 一成, 大野 義夫
デザイナの意図を考慮した線描法の提案
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

佐貫 裕介, 藤代 一成, 大野 義夫
三次元モデルのダイレクト点描画レンダリング
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

諸橋 茉衣, 藤代 一成, 大野 義夫
濃淡頻度分布を用いたカラーチョーク・ストロークの再現
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

黎 明, 藤代 一成, 大野 義夫
写真を用いた漫画背景の生成
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

佐々木 啓文, 藤代 一成, 大野 義夫
鳥瞰案内図の作成支援環境の開発
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 10 日

笠原 慎也, 藤代 一成, 大野 義夫
スポーツ解析のための一視点ビデオ映像からの三次元モーション復元
第72回情報処理学会全国大会, 東京大学,2010 年 3 月 11 日

公開セミナー

藤代 一成
出自管理によるスケーラブルな可視化の実現
可視化情報学会VDM研究会講演会『最先端可視化技術』, 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎中会議室, 2009 年 9 月 5 日

藤代 一成
SIGGRAPH2009参加報告 |コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アーク情報システム, 2009 年 9 月 28 日

藤代 一成
協調的可視化環境の実現に向けて|リファクタリングの試み
アーク第3回流体科学セミナー,JAXA東京事務所会議室, 2009 年 10 月 1 日

報告

藤代 一成,竹島 由里子,高橋 成雄,吉田 謙一
画像における不連続性に対する視覚注意の仕組みに関する研究
次世代融合研究システム(スーパーコンピュータ)利用研究成果報告書, 東北大学流体科学研究所未来流体情報創造センター, Vol. 12, pp. 48–52, 2009 年 7 月


その他

藤代 一成
教育への新しい風/教員からのメッセージ
慶應義塾大学理工学部報, No. 58, pp. 9, 2009 年 9 月 20 日