Crack generation and bend of coated films due to aged deterioration―Visual simulation of a quasi-static process by combination of fracture judgement and bend simulation―

Published by yokota on

Akinori Ishitobi, Masanori Nakayama, Issei Fujishiro

in Proceedings of Visual Computing 2022, long talk, pp. 17:1–17:6, Kyoto, October 6―8, 2022, VC paper award (2nd prize), CGVI Best research presentation award, CGVI Student presentation award

Abstract

風雨などの作用による経年劣化を表現する技法であるウェザリングは,写実的なCGの描画に欠かせないものであり,数多くの手法が提案されている.特に金属は代表的な研究対象であるが,現実的なシーンを想定するならば金属に塗布された防腐剤の経年劣化も表現すべきである.そこで本研究では,金属物体上の塗膜を対象としたウェザリングを提案する.提案手法では塗膜をポリゴンメッシュで表現し,塗膜内部における力の釣合いに基づいて破壊判定を行う静力学シミュレーションと,幾何学的な制約に従って頂点を移動させる位置ベースの湾曲シミュレーションを組み合わせることで塗膜を変形させる.本手法により,マテリアルの操作だけでは表現が難しい立体的な変形を伴う塗膜の経年劣化を再現できる.

Publication page in 2022 is here


0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published. Required fields are marked *