Affine-transformed ray alignment for fast ray traversal

Published by yokota on

Yuki Nishitdate, Issei Fujishiro

in Proceedings of Visual Computing 2022, short talk, pp. 20:1–20:6, Kyoto, October 6―8, 2022, CGVI Student presentation award

Abstract

近年,レイトレーシングがリアルタイムレンダリングにお いても使われ始めている.しかし,依然としてレイトレーシ ングの時間計算量は大きく,リアルタイムに出射できるレ イの本数は限られている.本論文では,レイトレーシングの 時間計算量を削減する新たな手法として,アフィン変換レ イアライメントを提案する.本手法はアフィン変換を用い て複数本のレイを 1 本にまとめながら,シーンから得られ る交点を維持することにより,計算結果に誤差を発生させ ずにレイ走査を高速化する.さらに,本手法をプライマリレ イ走査やステレオレンダリング,マルチフレームレンダリ ングに適用する具体的応用も提案し,複数の問題に対して, 単純な実装で時間計算量を削減できることを示す.

Publication page in 2022 is here


0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published. Required fields are marked *