ろくろ型三次元透明キャンバスを用いたエフェクト描画インタフェース

投稿者: 藤代 一成 投稿日:

池田 理和乃藤代 一成

情報処理学会第83回全国大会講演論文集(4),pp. 75―76(6Y-04),オンライン,2021年3月18日―20日,学生奨励賞

Abstract
炎・煙・液体などのダイナミックなエフェクトは, イラストレーションにおいて視線誘導に寄与し,重要な役割を果たす要素の一つである.しかし,こうしたエフェクトの描画には,多くの労力と描画の専門知識が必要となる.本研究では,こうしたダイナミックなエフェクトを含むイラストレーションをデザインするためのインタラクティブな描画インタフェースを提案する.ユーザは,対象を取り囲むような流れをもつエフェクトをデザインするために,回転可能なろくろ型三次元透明キャンバスを使って描画を行う.このキャンバスの利用により,エフェクトによって生じる構図の立体的な流れを芸術的にコントロールすることが可能となる.

2021年の業績ページはこちら

カテゴリー: 国内2021発表

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です