Masaru OHKAWARA

as of September 2021

Affiliation Graduate School of Science and Technology
――Doctor course 1st year
Team Graphics Paradigms
Research theme
E-mail masaru.ohkawarafj.ics.keio.ac.jp
Website

Self-introduction

I am interested in photorealistic rendering.

Education

April 2021 – PresentPh. D. in Information and Computer Science, Graduate School of Science and Technology, Keio University
April 2015 – March 2021M.E. in Information and Computer Science, Graduate School of Science and Technology, Keio University
April 2015 – March 2019B.E. in Information and Computer Science, Keio University

Grants

  1. Keio Leading-edge Laboratory of Science and Technology PhD. Program Research Grant (AY 2021): 300,000 JPY
  2. Keio University Research Encouragement Scholarship for Graduate Students (AY 2021): 700,000 JPY
  3. Japan Student Services Organization Category 1 Graduate Student Loans “Repayment Exemption for Outstanding Achievement” (AY 2020): half-exemption

Publications

Journal

International Journal
  1. Masaru Ohkawara, Hideo Saito, Issei Fujishiro: “Experiencing GPU path tracing in online courses,” Graphics and Visual Computing, Vol. 4, June 2021 (pre-proof: April 22, 2021), 200022, ISSN 2666-6294 [doi: 10.1016/j.gvc.2021.200022]. (repository)

Conference proceeding

International conference proceeding
  1. Masaru Ohkawara, Issei Fujishiro: “Illumination-aware digital image compositing for full-length human figures,” in Proceedings of the 2021 International Conference on Cyberworlds, pp. 17—24, 2021 [doi: 10.1109/CW52790.2021.00011].
  2. Masaru Ohkawara, Issei Fujishiro: “Realizing pseudo color bleeding with a deep composite image (poster),” in Proceedings of the 2019 International Conference on Cyberworlds, pp. 382—383, 2019 [doi: 10.1109/CW.2019.00072].

Symposium

Domestic symposium
  1. 大河原 将藤代 一成:「大域照明を考慮した人物全身のディジタル画像コンポジット」,Visual Computing 2020,慶應義塾大学(オンライン開催),2020年12月 企業賞(サイバーエージェント賞)

Presentations

International presentation
  1. Masaru Ohkawara, Hideo Saito, Issei Fujishiro: “Experiencing GPU path tracing in online courses,” Eurographics 2021 Education Papers, Vienna (virtual), May 2021.
Domestic presentations
  1. 大河原 将,斎藤 英雄,藤代 一成:「 GPUパストレーシングを体験するクラウドベースのコンピュータグラフィックス実習教材」,情報処理学会研究報告,Vol. 2020–CG–178,No. 1,慶應義塾大学 (オンライン開催) ,2020年6月
  2. 大河原 将藤代 一成:「個別の変形を伴う複製描画のための空間計算量の削減」,情報処理学会第81回全国大会,1ZC-02,2019年3月(講演要旨:情報処理学会第81全国大会講演論文集,Part 4,pp. 97―98,2019年2月) 学生奨励賞
  3. 大河原 将藤代 一成:「自由形状変形を伴う複製物体のための空間計算量を重視した描画」,画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ2018 in 下呂,2018年12月(講演要旨:画像電子学会誌,Vol. 48,No. 1,p. 168,2019年1月)

Awards

Domestic awards
  1. 大河原 将,藤代 一成:企業賞(サイバーエージェント賞) ,Visual Computing 2020,大域照明を考慮した人物全身のディジタル画像コンポジット,2020年12月4日受賞
  2. 大河原 将特別賞,第2回 Data Science Challenge by FUJIFILM AI Academy Brain(s) ,アナログ写真の日付認識,2019年7月12日受賞
  3. 大河原 将優秀賞(24位),「Prim」,WHO’S NEXT,CGWORLD Entry,Volume 22,Page 9,2019年4月4日(電子版:https://cgworld.jp/news/book/Entry22.html),2019年3月28日受賞
  4. 大河原 将,藤代 一成:学生奨励賞 ,情報処理学会第81回全国大会,個別の変形を伴う複製描画のための空間計算量の削減,2019年3月14日受賞
  5. 大河原 将Fusion 360ガイドブック賞(スーパーアドバンス),「Jack O’ Lantern」,ハロウィンCGレンダリングコンテスト,オートデスク株式会社,株式会社 VOST,2018年11月8日受賞
  6. 大河原 将CG-ARTS賞 ,CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興会),2018年2月9日受賞

Other

  1. 藤代 一成石飛 晶啓大河原 将:「フォトリアルなサイバー空間構築を支えるCG技術」,KEIO TECHNO-MALL 2020(第21回慶應科学技術展),No. 51,オンライン開催,2020年12月18日

Back to members page