藤代 一成
―Issei FUJISHIRO

 

2021年7月25日現在

 

所属 理工学部情報工学科/大学院理工学研究科 開放環境科学専攻情報工学専修 教授
チーム 全チーム
研究テーマ 全テーマ
メール fujifj.ics.keio.ac.jp
個人サイト K-RIS(慶應義塾研究者情報データベース)

 

 

自己紹介

1960年 東京都渋谷区生まれ.1985年 筑波大学 大学院博士課程工学研究科電子・情報工学専攻修士号取得退学,1988年 東京大学 理学博士.東京大学理学部 助手,筑波大学電子・情報工学系 助手・講師,お茶の水女子大学理学部 助教授・教授,東北大学流体科学研究所 教授を経て,2009年から現職.2015年 慶應義塾 特選塾員.36年間に渡り,ビジュアルコンピューティング,特に形状表現とモデリングパラダイム,応用可視化設計と可視化ライフサイクル管理,多感覚情報呈示による知的環境メディアに関する研究開発に従事し,原著論文319編,特許3件,総説91編.CG分野の標準的教科書として知られる「改訂新版 コンピュータグラフィックス」(画像情報教育振興協会: CG-ARTS,2015,編集委員長),「改訂新版 ビジュアル情報処理—CG・画像処理入門」(CG-ARTS,2017,CG系編集委員長)をはじめ,編著書41冊.The Most Cited Paper Award for the Journal Graphical Models 2004―2006 (Elsevier Science),芸術科学会第16回CG Japan Awardを含む受賞49件.IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (1999~2003, 2018~), Elsevier Computers and Graphics (2003~2013), Elsevier Journal of Visual Informatics (2016~)他の国際学術誌Associate Editor, IEEE Computer Graphics and Applications (Vol. 35, No. 6, 2015; Vol. 28, No. 5, 2008)を含む国内外の学術誌ゲスト編集12冊,IEEE SciVis, IEEE PacificVis等の常任運営委員を歴任.IEEE PacificVis 2008/2014 (Kyoto/Yokohama), Cyberworlds 2013/2019 (Yokohama/ Kyoto), ACM VRACAI 2014/2015 (Shenzhen/Kobe), TopoInVis 2017 (Tokyo), CG International 2017 (Yokohama); PacificVAST 2018 (Kobe); IEEE VIS 2018/2019 (SciVis) (Berlin/Vancouver)等の関連国際会議大会・プログラム委員長35件および委員179件.国内では,画像電子学会 会長,芸術科学会 副会長,他歴任.現在,日本学術会議 連携会員,可視化情報学会 副会長,情報科学国際交流財団 理事,CG-ARTS 評議員,画像電子学会 代議員,Visual Computing 2021運営委員長.日本工学会,情報処理学会 フェロー,画像電子学会 名誉会員・フェロー,IEEE (Computer Society/VGTC),ACM (SIGGRAPH) シニア会員,Eurographics,CGS,電子情報通信学会,日本バーチャルリアリティ学会,映像情報メディア学会会員.

関連業績サイト

 

学歴・職歴

 

 

 

1979年3月 千葉県立千葉高等学校 卒業
1983年3月 筑波大学 第三学群情報学類 卒業
1985年3月 筑波大学 大学院博士課程 工学研究科電子・情報工学専攻 修士号取得退学
1985年4月 東京大学 理学部情報科学科 助手
1988年4月 筑波大学 電子・情報工学系 助手
1988年10月 東京大学 理学博士(論文博士)
1989年2月 筑波大学 電子・情報工学系 講師
1991年4月 お茶の水女子大学 理学部情報科学科 助教授
1994年2月 米国・New York州立大学 Stony Brook校Computer Science学科 客員教授
(1995年1月まで)
1998年8月 お茶の水女子大学 理学部情報科学科 教授
2004年10月 東北大学 流体科学研究所 教授
2005年4月 東北大学 大学院情報科学研究科 教授(兼担)
2009年4月 慶應義塾大学 理工学部 情報工学科教授,現在に至る
2015年1月 慶應義塾 特選塾員
2020年4月 中国・杭州電子科技大学 計算機学院 客員教授

 

 

 

 

主要業績

学術誌論文

  1. Issei Fujishiro, Anri Kobayashi: “Invited paper: Ambient Music co-Player: Generating affective video in response to impromptu music performance,” ITE Transactions on Media Technology and Applications (MTA), Vol. 9, No. 1, pp. 2―12, January 2021 [doi: 10.3169/mta.9.2]. ≪SAM≫≪CA≫
  2. Naoko Sawada, Makoto Uemura, Johanna Beyer, Hanspeter Pfister, Issei Fujishiro: “Time-TubesX: A query-driven visual exploration of observable, photometric, and polarimetric behaviors of blazars,” IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, online ahead of print on September 18, 2020 [doi: 10.1109/TVCG.2020.3025090]. ≪VA2
  3. Akinori Ishitobi, Masanori Nakayama, Issei Fujishiro: “Visual simulation of weathering coated metallic objects,” The Visual Computer, Vol. 36, No. 10–12, pp. 2383–2393, September 30, 2020 [doi: 10.1007/s00371-020-01947-w]. ≪RM≫
  4. Xi Zhao, Issei Fujishiro, Kentaro Go, Masahiro Toyoura, Kenji Kashiwagi, Xiaoyang Mao: “Enhancing visual performance of hemianopia patients with overview window,” Computers & Graphics, Vol. 89, pp. 59―67, June 2020 [doi: 10.1016/j.cag.2020.04.001]. ≪SAM≫
  5. 中田 聖人藤代 一成:「FIST:準解剖学的構造をもつ手の陰的モデリング」,画像電子学会誌,Vol. 48,No. 4,pp. 506―515,2019年10月 (画像電子学会第19回優秀論文賞受賞) ≪RM≫
  6. Malik Olivier Boussejra, Rikuo Uchiki, Shunya Takekawa, Kazuya Matsubayashi, Yuriko Takeshima, Makoto Uemura, Issei Fujishiro: “aflak: Visual programming environment enabling end-to-end provenance management for the analysis of astronomical datasets,” Journal of Visual Informatics, Vol. 3, No. 1, pp. 1―8, March 2019 [doi: 10.1016/j.visinf.2019.03.001]. ≪VA2
  7. 池田 泰成都甲 裕太朗藤代 一成:「微細繊維が付加された糸を使用した布及び織物の生成フレームワーク」,芸術科学会論文誌,Vol. 17,No. 5,pp. 126―138,2018年12月 (芸術科学会論文誌第17回論文賞受賞) ≪RM≫
  8. 井阪 建藤代 一成:「L字型表示面を用いた錯視による裸眼立体映像生成」,映像情報メディア学会誌,Vol. 70,No. 6,pp. J143―J146,2016年5月 (研究ハイライト(第12回)として,同誌,Vol. 73, No. 1, pp. J108―J112,2019年1月に再掲) ≪SAM≫
  9. Tetsuya Takahashi, Yoshinori Dobashi, Issei Fujishiro, Tomoyuki Nishita, Ming C. Lin: “Implicit formulation for SPH-based viscous fluids,” Computer Graphics Forum, Vol.  34, No. 2, pp. 493―502, May 2015 [doi: 10.1111/cgf.12578. ≪RM≫
  10. 竹島 由里子藤代 一成 ,高橋 成雄,早瀬 敏幸:「2次元時系列流動データのための位相ベースビジュアルデータマイニング」,画像電子学会誌,Vol. 43,No. 3,pp. 357―366,2014年7月 (画像電子学会2016年度最優秀論文賞受賞,竹島は西田賞同時受賞) ≪AV≫
  11. 中谷 文香藤代 一成 ,石川尋代,斎藤英雄:「レーザプラズマ式3 次元ディスプレイのための物体の表面特徴量を用いたリソースアウェア・レンダリング」,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 17, No. 4, pp. 419–428,2012 年12 月 ≪GP≫
  12. Shigeo Takahashi, Issei Fujishiro, Masato Okada: “Applying manifold learning to plotting approximate contour trees,” IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, Vol.15, No. 6, pp. 1185―1192, November/December 2009 [doi: 10.1109/TVCG.2009.119]. (Received 2009 SAS International CG Best Paper Award) ≪AV≫

国際会議録論文

  1. Issei Fujishiro, Naoko Sawada, Masanori Nakayama, Hsiang-Yun Wu, Kazuho Watanabe, Shigeo Takahashi, Makoto Uemura: “TimeTubes: Visual exploration of observed blazar datasets,” in Journal of Physics: Conference Series: Proceedings of International Meeting on High-Dimensional Data-Driven Science (HD3-2017), Vol. 1036, No. 1, pp. 012011:1012011:13, June 2018 [doi: 10.1088/1742-6596/1036/1/012011]. (Two images excerpted as cover image for the printed issue) ≪VA2
  2. Kazuhide Ueda, Issei Fujishiro: “Adsorptive SPH for directable bleeding simulation,” in Proceedings of ACM VRCAI2015, pp. 916, Kobe, October 2015 [doi: 10.1145/2817675.2817684]. (Received Best Paper Award (First Prize)) ≪RM≫
  3. Issei Fujishiro, Naoki Haga, Masanori Nakayama: “SeeGroove: Supporting groove learning through visualization,” , pp. 189-192, Visby, Gotland, Sweden, October 2015 [10.1109/CW.2015.65]. (Received Best Paper Award (First Prize)) ≪CA≫

基調講演

  1. Issei Fujishiro: “Seeing the Lost: Three case studies from astrophysical visualization,” opening keynote talk for the Second Leipzig Symposium on Visualization in Applications (LEVIA19), Leipzig, November 14, 2019.
  2. Issei Fujishiro: “The role of provenance management in visual analytics,” a keynote for PacificVAST 2019, Bangkok, April 23, 2019.
  3. Issei Fujishiro: “Visual analysis tools for facilitating sparse modeling,” joint keynote for ACM SIGGRAPH Asia 2017 Symposium on Visualization and Symposium on Education, Bangkok, November 28, 2017.

書籍

  1. Hamish Carr, Issei Fujishiro, Filip Sadlo, Shigeo Takahashi (eds.): Topological Methods in Data Analysis and Visualization V: Theory, Algorithms, and Applications, Springer International Publishing, December 2020, 270 pages (ISBN 978-3-030-43035-1, eBook ISBN 978-3-030-43036) [doi: 10.1007/978-3-030-43036-8].
  2. 藤代 一成 (編集委員長):画像情報教育振興協会 編,改訂新版 コンピュータグラフィックス,第1 版第5刷,2021 年1月27 日,総444頁(ISBN 978-4-903474-49-6
  3. 藤代 一成,奥富 正敏(編集委員長):画像情報教育振興協会 編,改訂新版 ビジュアル情報処理—CG・画像処理入門—,第1版第3刷,2020 年7 月30 日,総284頁(ISBN 978-4-903474-57-1

 

メンバページへもどる