Computational Aesthetics(計算美学)は、美術や音楽など人間の創造的表現における美しさを計算論的に分析・評価し、合成に役立てることを目指しています。目指すべき表現が一意ではない芸術分野では、強調や省略等の多種多様な表現の評価は統一されておらず、制作者の意図や作品を鑑賞する人の嗜好によって変化します。本チームでは、特に人間が美しいと感じる要素を洗い出し、表現力を高められるような理論的なアプローチを追究しています。

メンバ

訪問研究員

M2

野村 芽久美

チームリーダー

研究テーマ

研究テーマの詳細や発表論文などはテーマページを参照してください。

Spectrail (2016―)
この画像には alt 属性が指定されていません

音響分析・合成を伴う作曲過程の視覚解析

LinDA (2018―)
この画像には alt 属性が指定されていません

漫画作成支援に向けた都市景観の背景線画半自動生成システム

篆書の文字認識 (2019―)
この画像には alt 属性が指定されていません

深層学習を用いた書道作品における書体翻訳

3Dアニメ風NPC自動生成 (2019―)

機械学習を用いた3Dアニメ風NPC自動生成

チーム一覧に戻る