M1の浅山,D3の澤田,D1の打木,M2のが,第48回可視化情報シンポジウムで口頭発表を実施しました.
発表タイトルはそれぞれ,

浅山:「意味の数学モデルを用いた創傷画像類似度の成傷機転依存分析」
澤田:「TimeTubesX:クエリ駆動型視覚解析によるブレーザーの特徴的挙動の同定」
打木:「三次元面分光データの視覚分析フレームワークを用いた複数銀河速度場の正確な可視化」
 朱:「モジュール型可視化ソフトウェアを用いた天体の輝線の視覚解析」

となります.
シンポジウムのサイトはこちらです.


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です