王 宝慶
―Baoqing WANG

 

2021年9月現在

 

所属 理工学研究科 博士3年
チーム Applied Visualization
研究テーマ Computional Forensics
メール wangbaoqingkeio.jp
個人サイト

自己紹介

I am currently a Ph.D. Candidate in the Graduate School of Science and Technology at Keio University under the supervisor of Prof. Issei Fujishiro. My research topic is concerned with Computational Forensics, which requires a wide spectrum of biomedical visualization, encompassing from corpse analysis (medicalvis) to genomic analysis (biovis).

経歴

2009年 9月 新疆師範大学附属高等学校 入学
2012年 7月 新疆師範大学附属高等学校 卒業
2012年 9月 天津理工大学 機械工程学院 機械工程学科 入学
2016年 7月 天津理工大学 機械工程学院 機械工程学科 卒業
2016年 9月 天津理工大学 機械工程学院 修士課程 入学
2019年 3月 天津理工大学 機械工程学院 修士課程 修了
2019年 4月 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 博士課程 入学

業績

学術誌

  1. Baoqing Wang, Lu Yang, Nian Tang, Zhenzhong Liu, Haibo Zhou: “Design of open CNC motion control system based on PC104 main controller,” Heavy Machinery, No.3, pp. 62―66, June. 2018 [link]
  2. Lu Yang, Baoqing Wang, Ronghui Zhang, Haibo Zhou, Rongben Wang: “Analysis on location accuracy for the binocular stereo vision system,” IEEE Photonics Journal, Vol. 10, No. 1, pp. 1―16, February 2018 [doi: 10.1109/JPHOT.2017.2784958].
  3. Baoqing Wang, Yume Asayama, Malik Olivier Boussejra, Hideki Shojo, Noboru Adachi, Issei Fujishiro: “FORSETI: a visual analysis environment for authoring autopsy reports in extended legal medicine mark-up language,” The Visual Computer, (), 1-13. (Online First) [doi: 10.1007/s00371-021-02201-7].

    国際発表

    1. Baoqing Wang, Yume Asayama, Issei Fujishiro: “FORSETI and THEMIS: visual analysis environment for computational forensics,” The 4th China-Japan Joint Visualization Workshop, Wuhan, China, online, July 24th, 2021.
    2. Baoqing Wang, Yume Asayama, Malik Olivier Boussejra, Hideki Shojo, Noboru Adachi, Issei Fujishiro: “FORSETI: a visual analysis environment for authoring autopsy reports in extended legal medicine mark-up language,” in Proceedings of  Computer Graphics International (CGI) 2021 at Workshop in Homage to Professor T. L. Kunii, University of Geneva, Switzerland, online, September 6-10, 2021. [Link]

    国内発表

    1. 浅山 優芽王 宝慶中山 雅紀,猩々 英紀,安達 登,清木 康,藤代 一成 :「意味の数学モデルを用いた創傷画像類似度の成傷機転依存分析」,第48回可視化情報シンポジウム 講演論文集,オンライン,2020年9月24日―26日.
    2. 浅山 優芽王 宝慶Malik Olivier Boussejra中山 雅紀,猩々 英紀,安達 登,清木 康,藤代 一成:「意味の数学モデルを用いた創傷類似度の視覚分析」,情報処理学会 第82回全国大会講演論文集,Vol. 2,pp. 155―156,金沢工業大学(石川県野々市市),2020年3月5日―7日

     

    メンバページへもどる