浅山 優芽
―Yume ASAYAMA

2020年7月現在

所属 理工学研究科 修士1年
チームApplied Visualization
研究テーマTHEMIS:意味の数学モデルを用いた創傷画像類似度の成傷機転依存分析
メールyume.asayamafj.ics.keio.ac.jp
個人サイト

自己紹介

慶應テクノモール2017で計算法科学の可能性を知り,当研究室を志望しました.普段の生活では関われない法医学を少しずつ勉強しながら,研究を進めています.具体的には,遺体の損傷からどれくらいの殺意が読み取れるかを数値化するという研究をしています.

趣味はお笑い鑑賞で,渋谷や新宿にある吉本の劇場へ足を運んでいます.地元では吉本新喜劇が土曜の12頃から視聴できたのですが,関東ではあまり見れないので最近のトレンドがわからないのが悩みです.

学部生の時は放送研究会というサークルに所属していて,MVやドラマ作品を作ったり,学園際などでバンドやアイドルなどの音響をしたりしていました。現在も現役の子たちが音響サービスを提供していますので,興味のある方は放送研究会のHP「外部依頼」からご連絡下さい.

経歴

2012年 4月滝高等学校 入学
2015年 3月滝高等学校 卒業
2015年 4月慶應義塾大学 理工学部 学門2 入学
2016年 4月慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 進学
2020年 3月 慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 卒業
2020年 4月 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 修士課程 入学
2022年 3月 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 修士課程 修了見込

業績

国内発表

  1. 浅山 優芽王 宝慶中山 雅紀,猩々 英紀,安達 登,清木 康,藤代 一成 :「意味の数学モデルを用いた創傷画像類似度の成傷機転依存分析」,第48回可視化情報シンポジウム 講演論文集,オンライン, 2020年9月24日―26日.
  2. 浅山 優芽王 宝慶Malik Olivier Boussejra中山 雅紀,猩々 英紀,安達 登,清木 康,藤代 一成:「意味の数学モデルを用いた創傷類似度の視覚分析」,情報処理学会 第82回全国大会講演論文集,Vol. 2,pp. 155―156,金沢工業大学(石川県野々市市),2020年3月5日―7日,学生奨励賞受賞

メンバページへもどる