大河原 将
―Masaru OHKAWARA

2021年4月現在

所属 理工学研究科 修士2年
チームGraphics Paradigms
研究テーマ視覚的に尤もらしいコンポジット
メールmasaru.ohkawarafj.ics.keio.ac.jp
個人サイト

自己紹介

フォトリアリスティックレンダリングに興味があります.

経歴

2012年 4月青山学院高等部 入学
2015年 3月青山学院高等部 卒業
2015年 4月慶應義塾大学 理工学部 学門5 入学
2016年 4月慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 進学
2019年 3月 慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 卒業
2019年 4月 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 修士課程 入学
2021年 3月 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 修士課程 修了
2021年4月慶應義塾大学 大学院理工学研究科 博士課程 入学

業績

シンポジウム

国内シンポジウム
  1. 大河原 将藤代 一成:「大域照明を考慮した人物全身のディジタル画像コンポジット」,Visual Computing 2020(オンライン開催),2020年12月 企業賞(サイバーエージェント賞)

発表

国際発表
  1. Masaru Ohkawara, Issei Fujishiro: “Realizing pseudo color bleeding with a deep composite image (poster),” in Proceedings of the 2019 International Conference on Cyberworlds, pp. 382—383, 2019 [doi: 10.1109/CW.2019.00072].
国内発表
  1. 大河原 将,斎藤 英雄,藤代 一成:「 GPUパストレーシングを体験するクラウドベースのコンピュータグラフィックス実習教材」,情報処理学会研究報告,Vol. 2020–CG–178,No. 1,慶應義塾大学 (オンライン開催) ,2020年6月
  2. 大河原 将藤代 一成:「個別の変形を伴う複製描画のための空間計算量の削減」,情報処理学会第81回全国大会,1ZC-02,2019年3月(講演要旨:情報処理学会第81全国大会講演論文集,Part 4,pp. 97―98,2019年2月) 学生奨励賞
  3. 大河原 将藤代 一成:「自由形状変形を伴う複製物体のための空間計算量を重視した描画」,画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ2018 in 下呂,2018年12月(講演要旨:画像電子学会誌,Vol. 48,No. 1,p. 168,2019年1月)

コンテスト

国内コンテスト
  1. 大河原 将第2回 Data Science Challenge by FUJIFILM AI Academy Brain(s) ,2019年7月12日 特別賞
  2. 大河原 将:「Prim」,WHO’S NEXT,CGWORLD Entry,Volume 22,Page 9,2019年4月4日(電子版:https://cgworld.jp/news/book/Entry22.html,2019年3月28日) 優秀賞(24位)
  3. 大河原 将:「Jack O’ Lantern」,ハロウィンCGレンダリングコンテスト,オートデスク株式会社,株式会社 VOST,2018年11月8日 Fusion 360ガイドブック賞(スーパーアドバンス)

その他

  1. 藤代 一成石飛 晶啓大河原 将:「フォトリアルなサイバー空間構築を支えるCG技術」,KEIO TECHNO-MALL 2020(第21回慶應科学技術展),No. 51,オンライン開催,2020年12月18日

メンバページへもどる