概要

インターネットを介してネットワーク化された仮想世界を作成することを可能にする高性能グラフィックスおよびネットワーク技術の出現により、数学教育をサポートするためにさまざまな仮想学習環境が開発されました。本質的に2次元または3次元のユークリッド空間であったこれらの学習環境では、学生は実際の生活でできるのとほぼ同じ方法で数学の概念とプロセスを発見し、経験しました。優れたユーザーエクスペリエンスを提供しながら、ユーザーが3次元ユークリッド空間を超えて環境制限を設定できるようにする没入型仮想環境を提案します。ここでの問題は、数学のレベルが高いほど、可視化の方法が抽象化される傾向があり、高度な学位を持つ専門家だけが理解できることです。 1つの典型的な例は、2つの虚円点を見つけることです。幾何学に関する多くの本は、複素かつ無限遠領域にあるこれらの点を紹介していますが、これまでにレンダリングされたことはありません。また、基本的な数学的可視化とより洗練された数学的可視化の間のギャップを埋めるために、比喩的なアプローチがどのように不可欠であるかを示します。

有限の直線 x = 1 を固定しながら無限遠直線を直線 x = 0 まで平行移動し、それを実数から複素数に変換することにより、2つの虚円点(赤い点)を特定することができます。

GitHub

メンバ

背景色が灰色のメンバは現在はプロジェクトに関わっていないメンバです。現在も藤代研究室に所属しているメンバは名前の前に藤代研のアイコンがついています。

名前現在の所属ホームページ
めんばー1慶應義塾大学URL
あああ○○大学URL
誰をメンバに加えるか、順番はどうするのかは藤代先生の指示に従ってください。現在は関わっていないメンバの場合はtr要素に”pastMember”というクラスを付与してください。

ビデオ

ビデオがある場合は藤代研のYoutubeチャネルか何かにアップして、その動画をここに埋め込みましょう。こんな感じ↓

業績

下線が引いてある著者は藤代研究室所属している/所属していたメンバーです。

業績は新しい物から古いものの順番。ジャンルごとにordered list(ol要素)で管理し、リスト(li要素)にidを付与してください。olにはジャンルごとに以下のクラスを付与してください:論文誌->article、国際学会->internationalConf、国内会議->domesticConf、その他->others、資金->grant。li要素のidの命名は「プロジェクト名_publication_ジャンル名1」とします。
ジャンル名はジャーナル->article、国際学会->intconf、国内会議->domconf
業績をリンク(a要素)で囲って(DOIの部分は除いて)、業績ページへのリンクを貼ってください。その際a要素にはpublicationクラスを付与してください。DOIがある場合は必ず書いて、「https://doi.org/その論文のDOI」へのリンクを貼ること
ジャンルは必要に応じて増やしたり減らしたりしてください。書き方はTimeTubesXのページを参考にしてください。

論文誌

  1. Author 1, Authort 2, Author 3: “title,” Journal Name, Vol. X, No. X, pp.XX–XXX, Date, Year [doi: DOI].

会議・シンポジウム

国際会議・シンポジウム

  1. Author 1: “Title,” in Proceedings of ***, pp. *–**, City, Country, Period, Year [doi: DOI].

国内会議・シンポジウム

  1. 著者1:「英語タイトルがある場合は英語版も記載するのを忘れないように」,会議名,開催場所,pp. *–**, 期間

発表

  1. 著者1:「英語タイトルがある場合は英語版も記載するのを忘れないように」,会議名,開催場所,予稿集,pp. *–**, 期間

その他

  1. 何かあれば

資金

  1. 科研費から資金が出ている場合は科研費の番号と科研費のサイトへのリンクを貼る:17H00737 (2017-)

チームページに戻る