山梨大学との計算眼科学共同プロジェクトにおける変視症の情報補償に関する最新成果が,2021年2月25日The Visual Computerにonline firstで掲載されました.

Zhenyang Zhu, Masahiro Toyoura, Issei Fujishiro, Kentaro Go, Kenji Kashiwagi, Xiaoyang Mao: “LineM: Assessing metamorphopsia symptom using line manipulation task,” The Visual Computer, February 25, 2021 (online first), [doi: 10.1007/s00371-021-02091-9] (Paper).


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です