芸術科学会 NICOGRAPH2021が11/6から3日間にわたって開催されました。
会議では研究フェローの中山がジャーナルペーパーを発表し、最優秀論文賞を受賞しました.また,修士課程2年の吉良と二ノ宮がフルペーパーを発表し,両者ともに学生奨励賞を受賞しました。

中山 雅之野村芽久美藤代 一成:「LinDA:漫画向けの建造物の背景線画半自動生成」,芸術科学会 NICOGRAPH 2021,オンライン2021年11月8日,最優秀論文賞

吉良 俊亮中山 雅紀藤代 一成:「種数0 のサーフェスにおけるヤコビアンフリーな変形シミュレーション」,芸術科学会 NICOGRAPH 2021,オンライン2021年11月6日,学生奨励賞

二ノ宮 梢平藤代 一成:「深層学習を用いた書道作品における書体変換—行書の作品生成—」,芸術科学会 NICOGRAPH2021,オンライン,2021年11月8日,学生奨励賞

カンファレンスウェブサイト:

https://art-science.org/nicograph/nico2021/

Categories: conference

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published. Required fields are marked *