MTAの招待論文が公開

The following paper was published as invited paper in MTA Special Section on Advanced Imaging and Computer Graphics Technology: Issei Fujishiro, Anri Kobayashi: 【Invited Papaer】 Ambient Music co-Player: Generating affective video in response to impromptu music performance,” ITE Transactions on Media Technology and Applications(MTA), Vol. 9, No. 1, pp. 2―12, Read more…

藤代教授が共同エディタを務めた専門書が刊行

The following collection of papers on topological visualization was published, for which Prof. Fujishiro served as a co-editor. Hamish Carr, Issei Fujishiro, Filip Sadlo, Shigeo Takahashi (eds.): Topological Methods in Data Analysis and Visualization V: Theory, Algorithms, and Applications, Springer International Publishing, December 2020, 270 pages, DOI: 10.1007/978-3-030-43036-8 ISBN: 978-3-030-43035-1, Read more…

Visual Computing 2020 が開催

2020年12月2日(水)〜4日(金)に,CG分野における国内最大のシンポジウムである Visual Computing 2020 がオンラインで開催されました.今回は藤代教授が運営委員長を務めています. 藤代研からは,D3の澤田とD1の石飛が「国際論文誌・学会採択論文招待セッション」にて招待講演を行い,M2の大河原が「論文セッション1(レンダリング)」にて審査付き原著論文の発表を行いました.大河原の研究は企業賞(サイバーエージェント賞)を受賞しました.副賞としてApple Watchが授与されるようです. 発表タイトルは以下の通りです(クリックで業績ページに移ります): 澤田:TimeTubesX: A Query-Driven Visual Exploration of Observable, Photometric, and Polarimetric Behaviors of Blazars (TVCG 2020) 石飛:Visual Simulation of Weathering Coated Metallic Objects (CGI 2020) 大河原:大域照明を考慮した人物全身のディジタル画像コンポジット

Visual Computing 2019 開催

2019年6月27日(木)〜6月29日(土)にかけて早稲田大学国際会議場で開催された「Visual Computing 2019」に,藤代研修士一年の菅が参加し,「rewind: 自己省察を目的としたWeb動画視聴履歴の可視化」というタイトルでポスタ発表を行いました. また,来年度の「Visual Computing 2020」の運営委員長には藤代教授が就任し,今学会の閉会式で来年に向けたスピーチを行いました.「Visual Computing 2020」は,慶應義塾大学の日吉キャンパス来往舎にて,2020年6月25日(木)〜6月27日(土)の日程で開催されます.