第83回情報処理全国大会が3月18日-20日にオンラインで開催され,B4の池田大字多田星川本田が発表を行いました.池田,本田は学生奨励賞を受賞しました.また,D1のと藤代教授が共著者の発表も学生奨励賞を受賞しました.

著者とタイトルは以下の通りです(タイトルをクリックすると業績サイトに移ります):

池田 理和乃藤代 一成:「ろくろ型三次元透明キャンバスを用いたエフェクト描画インタフェース」,学生奨励賞

大字 諒李 睿哲中山 雅紀藤代 一成:「自然に振る舞うNPC群衆シーンの覚醒度–感情価モデルに基づく生成

多田 一輝藤代 一成:「画像変換デザインに基づく縦編みレースの三次元モデル生成

星川 潤藤代 一成:「指ビューファインダーとその応用可能性

本田 健悟,斎藤 隆文,藤代 一成:「二色塗り分けスパークラインを用いたCOVID-19感染データの可視化」,学生奨励賞

一瀬 佳祐,趙  希藤代 一成,豊浦 正広,柏木 賢治,郷 健太郎,茅 暁陽:「Edge Indicatorを用いた半盲患者の視野外情報補償」,学生奨励賞


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *